Loading

記事

【練馬区】ギックリ腰でやってはいけない処置「中島整骨院」

こんにちは、練馬区にある「中島整骨院」の
院長 中島です。

突然ですが、こんな経験はありませんか?

・朝起きて早くいかないと!と急に立ち上がった瞬間!

・ずーーっと座りっぱなしのデスクワーク、
さあ出かけようと体を持ち上げた瞬間!

・お風呂の浴槽を掃除しようとして背中を反った瞬間!

あの「ピキッ!!」とした痛みとともに
「へなへな〜」と崩れ落ちる感覚、、、

そしてその後、感覚は鈍いのに腰の
痛みがだんだん強くなっていく気がする、、、。

そう、その症状は・・・《ぎっくり腰》

救急車を呼ぶまでもないこともよくあり
つい、自己流で処置してしまいそうですが

余計に悪化させたり、痛みが長期に残って
しまうことになりかねません。

本日はギックリ腰になったときやってはいけない
《3つのこと》をご紹介いたします。

【やってはいけない①:腰をマッサージ!】

ギックリした部分はなんらかの
炎症を起こしています。

ギックリ腰を早く治さないと!とあわてていきなり
痛いところを揉んだり自己流マッサージをしてしまうと

その炎症がひどく悪化させてしまうことになりかねません。
まずはマッサージなど、負荷をかけないことです。

【やってはいけない②:腰をあたためる】

よくやってしまう間違いナンバーワンにあたります。

血流を良くしたら治りやすいとつい
思ってしまいがちですが、ギックリ腰の患部は
炎症を起こしています、熱を持っています。

熱をもって起こしている炎症ですので
あたためると、さらに炎症を助長させてしまい、
火に油をそそぎかねない事態ですので

ギックリ腰かな、と思ったら決して温めない様に
気をつけてください。

【やってはいけない③:痛み止めや薬で治す】

痛み止めでその場はなんとかなりますが、
炎症を起こしているのでその部分は損傷しています。

適切な治療を受けず、損傷すると、
またどこかで再発してしまう恐れがあります。

もしぎっくり腰になったしまったら
どう応急処置をしたらよいのか、、、。

まず動かさず、患部を冷やし根本の原因になっている
部分を治療することが必要になりますが、

ひとえにぎっくり腰といいましても、症状を発症した
状況や場所によって全く違ってきます。

『中島整骨院』はぎっくり腰一つとりましても
多種多様な症例を分析し痛みの根本的な原因を見つけ出し

また、ぎっくり腰になりやすくなってしまう
習慣や姿勢などを「ゆるやかに」矯正していくことで

再発防止と治療前よりも元気なお体に
なりますよう、施術させていただいております。

院長・中島の地元でもある練馬区の土支田にある
『中島整骨院』では局所の不調だけでなく、

全身の調和やバランスに重点を置いた治療を
することで練馬区の皆様の健康をサポートいたします。

お一人でも多くの方の苦痛や不安を解消し、
良くなっていく嬉しさを実感していただけるよう
日々、努めております。

お一人で悩まず、
まずはお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【練馬区】スマホにご注意!? 手首と指の痛み「中島整骨院」

【練馬区】寒くなる前に! 転倒を予防する歩き方「中島整骨院」

関連記事

  1. 【練馬区】妊娠中の関節痛の原因と予防策「中島整骨院」

    2018.08.27
  2. 《練馬区成増》痛くない産後の骨盤矯正「中島整骨院」

    2018.07.25
  3. 【練馬区】寝違えにゴリゴリ揉みはキケン「中島整骨院」

    2018.08.25
  4. 【練馬】なかなか治らない腰痛の原因は足!?「中島整骨院」

    2018.08.13
  5. 《練馬区》スポーツの障害と外傷の違い「中島整骨院」

    2018.08.03
  6. 《練馬区》膝の痛み改善する運動療法「中島整骨院」

    2018.07.27

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

診療案内




休診日:日曜日・祝日

PAGE TOP